「バスケの街づくり」を推進する地域おこし研究員募集!

「バスケの街づくり」を推進する地域おこし研究員募集! のカバー画像
  • 月給 166,000円〜
  • 秋田県能代市上町1番3号
  • 地域おこし研究員
  • 業務委託

「バスケの街づくり」「宇宙のまちづくり」を推進する能代市

能代市は、秋田県北西部に位置し、世界自然遺産「白神山地」を望み、日本五大松原に数えられる「風の松原」、内陸南部には高さ58メートルの「日本一高い天然秋田杉」を有する、自然に囲まれた地域です。春は県立自然公園きみまち阪や能代公園の桜、夏は役七夕、天空の不夜城、能代の花火、秋は黄金色に輝く水田、冬は積雪1メートルを超える地域もあり、四季ごとに違った楽しみ方や違った表情があります。

また能代市では、全国制覇58回を誇る県⽴能代⼯業⾼校バスケットボール部を有することなどから、”バスケでみんなが元気になれる街”をめざした「バスケの街づくり」や、JAXA能代ロケット実験場を有することや、日本最大規模のアマチュアによるロケット打上競技大会「能代宇宙イベント」が開催されることなどから「宇宙のまちづくり」といった、多様な地域資源を活用したまちづくりを推進しています。

街中に溶け込むバスケをテーマにしたオブジェ
街中に溶け込むバスケをテーマにしたオブジェ
能代宇宙イベントの様子
能代宇宙イベントの様子

「まちを元気にするまちづくり」で「社会イノベーション」を加速させる

慶應SFCと能代市は、これまで「バスケの街づくり(2010年度~)」を中心に、推進計画の策定から計画に基づいた事業の推進に至るまで、実践や調査研究を協働で取り組んできました。

  • バスケミュージアムの活用とバスケの街づくり市民チャレンジ事業補助金を活用した取り組み(2012年〜)
  • 地域おこし協力隊 隊員による各プロジェクトの推進(2015年〜)

これらの実績をもとに、さらなる推進と成果の実現に取り組むものとして、「まちを元気にするまちづくり」という視点から、地域に活力をもたらす「社会イノベーション」を加速させることを目指し、連携を深め協働で取り組む活動をさらに充実させていきます。

地域資源を活かした、次世代のまちづくり施策を開発する

能代市のバスケの街や宇宙のまちといった地域資源を活かした特色ある次世代のまちづくりへつなげていくための施策について、研究・開発・実践に従事する「地域おこし研究員」を募集します。

具体的には、「バスケミュージアムを拠点とした『バスケの聖地能代』を実現するバスケロード・バスケの殿堂の設立・運営」や「スポーツを活用したまちづくりと観光事業促進に向けたイベントツ-リズムの開発」、「能代宇宙イベントを活用した大学生の交流を促す実践的イベントの企画運営」、「地域イベントの運営を活性化させるボランティアマネジメントの取り組み」などが想定されます。

能代市が取り組む「バスケの街づくり」や「宇宙のまち」といった地域資源を活かした、特色ある次世代のまちづくりへつなげていくための施策について、熱意を持って研究開発に取り組んでいただける方、お待ちしています。

能代バスケミュージアムには選手のサインがずらり
能代バスケミュージアムには選手のサインがずらり
プロバスケの試合で大賑わいの能代市総合体育館
プロバスケの試合で大賑わいの能代市総合体育館


給与 月給 166,000円〜
※市の非常勤特別職「能代市地域おこし協力隊員(研究員)」として委嘱
加入保険:健康、厚生、雇用、公災
勤務日 :勤務日~暦上の平日(年末年始を除く)※原則
     ※慶應義塾大学大学院に関わる活動も勤務時間に含みます
休暇  :年次有給休暇は、労働基準法の定めによります。
勤務地 1 〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号 秋田県能代市上町1番3号
大きい地図で見る
勤務地備考 能代市中心部に市が借り上げる事務所及び住居を拠点に活動していただきます。
職種 地域おこし研究員
雇用形態 業務委託
募集対象 (1)慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の在学生または進学希望者
※詳しくは慶應SFC「地域おこし研究員」Webサイトをご確認ください。
http://si.sfc.keio.ac.jp/si-researcher/
(2)総務省が定める3大都市地域をはじめとする都市地域等に在住しており、(又は、他の地域で隊員としての活動経験があり)採用後に能代市へ生活拠点を移し、住民登録できる方
(3)地域おこしの活動に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方
(4)普通自動車免許を取得している方
(5)パソコンの一般的な操作ができる方(ワード、エクセル、パワーポイント、インターネット、メールおよびSNSなど)
委嘱期間 委嘱した日から、翌年の3月31日まで
次年度以降については、毎年度協議の上決定します。
最長で3年間となります。
活動に要する経費 研究員の活動および事務所にかかる経費については、
予算の範囲内で市が負担します。
・事務所および住居の借り上げ
・活動用の車の借り上げ
・駐車場の借り上げ
・活動に要したガソリン代
・パソコンの借り上げ
・活動用消耗品
・事務所及び住居の灯油代(冬期)
・活動や研究の旅費ほか
研究員が負担する経費 能代市までの交通費及び引っ越し費用、生活備品、食費、光熱費、その他生活等にかかる諸費用
その他 市では、住民との調整や研究のほか、研究員の活動のための必要な支援を行います。また、任期終了の日から起算して前1年以内又は任期終了の日から1年以内に能代市内で起業をする場合は支援を行います。
詳細は、能代市HPhttp://www.city.noshiro.akita.jp/を参照
応募手続 (1)提出書類をEメール(PDF形式)か郵送で送りください。提出された書類は原則返却いたしません。 
(2)提出書類
・履歴書 (書式自由、顔写真を添付):応募動機もご記入ください。
(3)問い合わせ方法
募集に関する質問は、電話ではなくEメールかFAXとしてください。
回答についても、3営業日以内に、EメールまたはFAXでいたします。
選考方法 (1)1次選考
書類選考の上、結果を応募者全員にEメール等で通知します。
(2)2次選考
1次選考合格者を対象に、面接による2次選考を、東京都内で行います。 なお、2次選考では、「能代で実現したいこと」をテーマにプレゼンを行っていただきます。 併せて、2次選考当日に、プレゼンの資料(書式自由)を提出していただきます。
詳細については、1次選考結果を通知する際にお知らせします。
2次選考時の交通費等に関しては、自己負担となります。
問合せ・応募先 〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
能代市役所 企画部市民活力推進課
地域づくり支援係 担当/畠山
電話:0185-89-2212
FAX:0185-89-1770                       
Eメール:katsuryoku@city.noshiro.lg.jp
※募集に関する質問は、電話ではなくEメールかFAXとしてください。
会社名 能代市

掲載開始: 2018年02月06日〜