日本食品製造合資会社 の採用・求人

日本食品製造合資会社 のカバー画像

会社概要

日本で初めてコーンフレークやオートミールを製造した会社です。

1910年初頭より、創設者の戸部 佶(ただし)は、日本の食生活の改善のために欧米の食料品の研究を行っていました。1918年に日本食品製造合資会社を設立。その後北海道の農産物をいかに加工・貯蔵できるか、また北海道の気候風土に適合した農産物はないかを研究する為に、1925年に渡米し、米国で穀類の加工や野菜類缶詰の製造技術を修得しました。その後ヨーロッパにも渡り、当地の農作物やそれらを原料として加工された食品類の研究をしました。

帰国後、当時欧米で最先端だった食品工場を1929年北海道札幌市琴似に建設し、野菜類缶詰の製造を始め、日本では当時まだ珍しかった、スイートコーン、アスパラガスやピクルスなどを北海道で栽培し、それらの缶詰や瓶詰を製造しました。1929年には、北海道産の燕麦やとうもろこしを原料として、栄養に優れた、オートミールやコーンフレークの製造を日本で初めて行い、今日の日本の食文化の多様化に多大に貢献して来ました。1946年に北海道夕張郡由仁町三川に工場を新たに建設し、近隣農家で栽培された農産物の加工をはじめました。

創業時より北海道の農産物を研究し、それらの加工品の製造を行ってまいりました。これからも新しい食品を北海道から提供できるよう、日々努力を重ねて行きます。

企業情報

会社名 日本食品製造合資会社
代表者 代表社員 戸部 謙ルイス
本社所在地 〒063-0841 北海道札幌市西区八軒1条西1丁目2番10号
事業所所在地 三川工場
 〒069-1144 北海道夕張郡由仁町本三川660番地
三川第二工場
 〒069-1131 北海道夕張郡由仁町三川泉町178番地、181番地
東京営業本部
 〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目7番11号
出資金 480万円
設立年月日 1918年8月10日
事業概要 オートミール、コーンフレーク、グラノーラ、ミューズリーなどの穀類加工品及びスイートコーン缶詰などの蔬菜類缶詰の製造
従業員数 74名
平均年齢 48.5歳
Facebook http://www.nihonshokuhin.co.jp

求人一覧

全2件中 1-2件目

  1. 1