【クレーン運転手】特殊技能・経験不要!育成前提で採用いたします!

【クレーン運転手】特殊技能・経験不要!育成前提で採用いたします! のカバー画像
  • 月給 296,230円〜496,350円
  • 福島県双葉郡富岡町本岡字王塚670 
  • クレーン運転手
  • 正社員

仕事のなかみ


5t以上のクレーン業務、及び車輛の整備(大型ダンプ、平ボデーの運転業務含む) ※放射線管理の現場に入る事もあります。

【特別除染地域】富岡町・双葉町・浪江町の家屋、森林等の除染、土・芝の入れ替え、掘削、除染物を袋に詰め運ぶ作業など。 

*防護服着用、放射能測定機を使用しての業務となります。

先輩社員インタビュー

鈴木照一(クレーン部・部長

■入社したきっかけ

どうせ働くなら、やりがいを感じて仕事をしたいと思い、自分の可能性を信じて決めました。

■仕事のやりがいは?

現場での予定通りの作業がおわって「またよろしくね」と声をかけられたとき、やりがいを感じます。

■仕事の難しさ・大変さは?

この仕事で大切なことは、一緒に働く人を思いやる気持ちです。クレーンにどう動いてほしいのか、それを頭に入れて仕事を進めるのが大変ですね。

■休日は何をしていますか?

DIY(日曜大工)

■今後の目標は?

一緒に作業した人から「ありがとう!」「助かった~」「お疲れさま!」と声をかけられるようになりたいですね。

■求職者の方へのメッセージ

面白そう、向いているかもと思っている人は、是非チャレンジしてみて下さい。

取田竜也(クレーン部・主任)

■入社したきっかけ

重機乗りにあこがれていた。

■仕事のやりがいは?

自分の思った通りに重機が動いてくれると喜びを感じます。

■仕事の難しさ・大変さは?

毎回同じ条件で仕事ができるわけではないため、日々勉強していかないと対応していけない事。

■休日は何をしていますか?

洗車、ドライブ。

■今後の目標は?

どんな作業条件にも対応して、適切な安全運転をしていきたい。

■求職者の方へのメッセージ

機械操作が好きな人には、重機を自由自在に操ることができる楽しさがこの仕事にはあると思いますよ!

給与 月給 296,230円〜496,350円
※月給賃金は年齢・資格・能力等により考慮します。
a基本給、b定額的に支払われる手当職務手当、c特殊勤務手当
a:190,000~230,000円
b:30,000~7,0000円
c:76,230~196,350
→ a+b+c=30万円~50万円
勤務地 1 〒979-1151
福島県双葉郡富岡町本岡字王塚670  福島県双葉郡富岡町本岡字王塚670 
大きい地図で見る
職種 クレーン運転手
雇用形態 正社員
勤務時間 8:00~17:00(休憩90分)
休日休暇 日、祝、他
会社カレンダ-による土曜(月1回)、年末年始休暇、夏季休暇
※年間休日87日
手当 交通費支給(※上限3万1600円迄/月)
精勤手当:5,000円
携帯手当:3,000円
福利厚生 社会保険完備
退職金共済:加入
資格取得補助あり
社員寮あり(全額会社負担です。150部屋中30部屋程あいております)
応募資格 クレーン運転免許(5t以上)
大型1種運転免許
大型特殊運転免許
玉掛 
※資格の無い方も相談に応じます。
※経験の長さも不問。
試用期間 3ヶ月(条件の変更無し)

会社について

はじめに

復興に向けて全力で取り組む伊達重機です!
復興に向けて全力で取り組む伊達重機です!

当社は創業以来、クレーン車、公共工事、発電所工事、JR工事、高速道路工事、民間工事を双葉郡一円に展開してまいりました。

去る3.11の東日本大震災による原発事故より、いち早く発電所復旧工事に携わっております。今後も故郷双葉郡の復興のために、収束工事、除染工事をはじめとした各種復興関連工事に社命をかけ、力を尽くしてまいります。

社内に掲示し、社員一同で意識を高めています。
社内に掲示し、社員一同で意識を高めています。
安全管理についての意識を統一しています。
安全管理についての意識を統一しています。

事業所紹介

事務所_外観
事務所_外観
事務所敷地内_上空から
事務所敷地内_上空から

事務所敷地内_上空から(2)
事務所敷地内_上空から(2)

浪江加倉ヤード
浪江加倉ヤード
HOTELなみえ
HOTELなみえ

→当社ホームページでも事業内容をご覧いただけます!

震災前後の経緯

当社専務が語る被災当時の様子

2011年3月11日の東日本大震災の時、私は福島第一原子力発電所内で働いていました。おそらくあの頃、福島第一原発付近の住民の方々は、まさか原発によって町が立ち入り禁止に追い込まれるとは考えもつかなかったと思います。私は、日々報道される原発事故のニュースにいても立ってもいられず、避難先から福島に帰ってきて、原発の復旧作業の仕事を受けることを決めました。

原発事故を乗り越え、新たな一歩を踏み出す浪江町。
原発事故を乗り越え、新たな一歩を踏み出す浪江町。

震災前、当社の仕事の8割以上が東京電力関係で、定期検査や施設内の足場資材の運搬、耐震化工事等を行ってまいりました。原発事故後、双葉郡楢葉町・広野町にまたがる日本初のサッカー・ナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」には復旧資材が次々と運び込まれ、資材をさばく業者が必要とされていました。そこで、当社は資材を降ろす大型クレーン車を動かす仕事を開始いたしました。「資材一つ一つが多くの人たちのふるさとの復興につながるはず」と信じながら、重機を操作していました。

体力的に大変な時を乗り越えながら、復興に直結する重機作業を行っていました。
体力的に大変な時を乗り越えながら、復興に直結する重機作業を行っていました。

防護服と全面マスクでの重機操作は非常に暑くて動きにくく、また、見えない放射線について正直怖いなと思うこともありました。ただ、誰かが今この仕事をやらなければいけないのだという思いで復興業務に携わっておりました。

なみえ焼きそばPRで復興貢献

なみえ焼きそばを焼く専務。
なみえ焼きそばを焼く専務。
浪江青年会議所メンバーと共に一歩ずつ前進しています。
浪江青年会議所メンバーと共に一歩ずつ前進しています。

震災当時、当社の本社がある双葉郡浪江町のB級グルメ「なみえ焼そば」のPR団体である「浪江焼麺太国」に所属しており、このブログを更新するのが唯一心安らぐ瞬間でした。本業の傍らで携わりながら、一緒に活動している青年会議所の仲間たちとの絆が深まり、「おまえが原発で頑張っている間、おれたちがなみえ焼そばを守る」というメールをもらったこともありました。この時、どこに移っても、誰もがみんな郷土を思い活動しているんだなということを知りました。

地元地域との連携で、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
地元地域との連携で、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
2017年3月31日、浪江町の一部で避難指示解除。故郷の復興に向け、新たな一歩を踏み出します。
2017年3月31日、浪江町の一部で避難指示解除。故郷の復興に向け、新たな一歩を踏み出します。

人、仲間、家族、仕事、山、海。全てが揃うことで初めて町を取り戻したことになるのだと思います。自分達が今できることをする。その積み重ねが、いつか必ず復興への大きな力になると信じながら、本業もなみえ焼そばも全力で取り組んでおります。

当社の仕事をご評価頂き、感謝状を頂きました。
当社の仕事をご評価頂き、感謝状を頂きました。

会社名 株式会社伊達重機
所在地 本    社:〒979-1504 福島県双葉郡浪江町大字酒田字上原18-7
富岡営業所 :〒979-1151 福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚670
ホテルなみえ:〒970-8026 福島県いわき市平字南町63-1
連絡先 TEL:0240-25-8753(受付時間:平日7:00~17:00)
FAX:0240-25-8783
事業内容 ◆クレーンリース業(※保有車:200tクローラ、120tオールテレーン、70t・60t・50t・25t・16t・12tラフテレーン)
◆建設用機械リース業(高所作業車:15m・12m・7mトラック、フォークリフト:3.0t・2.5t・2.0t・1.5t、4tユニック、4t・2tダンプ)
◆一般貨物自動車運送業(保有車:30t・205トレーラー、15t平ボディ、13t・4tユニック、12tセルフ、10t・4t・2tダンプ ※基本的な運送範囲は福島県浜通り・宮城県県南・茨城県県北)
◆廃棄物収集運搬業
◆自動車リース業
◆敷鉄板リース業
◆とび土工工事
◆基礎・仮設工事(高層鉄骨組立・事故車引揚吊上・重量物機械据付)
◆不動産賃貸業(弊社保有の不動産物件は株式会社ニーズ様に業務委託し管理)
◆ホテル業(HOTELなみえ:シングル39室、ダブル11室、ツイン3室)
◆飲食業(居酒屋経営)
創業年 昭和60年
資本金 1,000万円
役員 代表取締役 前司 昭一
専務取締役 前司 昭博
従業員数 58名
許認可 建設業許可:福島県知事一般第16300号
運輸業許可:東自貨第464号
レンタカー業許:可福運輸第1413号
産業廃棄物収集運搬業許可:第00705182248号
安全管理・サポート体制 ▼安全管理:
HELLO-NETによる機械管理(クレーンの稼働状況、位置情報・保守管理)
デジタコによる運行管理・動態管理(安全運転、エコドライブ)
ドライブレコーダーによる安全運転意識高揚と防衛運転
アルコールチェック・血圧測定・体温測定(飲酒運転防止と疾病防止)
▼教育管理:
月1の全体教育・部会会議
▼健康管理:
定期検診・特定検診
▼放射線防護対策:
電離・除染電離検診・WBC
弊社専用APD装備
弊社専用ガラス管装備

掲載開始: 2017年11月15日〜