北札幌電設株式会社 の採用・求人

北札幌電設株式会社 のカバー画像

会社概要

■会社のなかみ

当社は1961年の創業以来、原子力・火力・水力・地熱・変電設備等における先行工事から建設、補修改良及び設計・管理業務を展開する電力プラント電気設備会社としての道を歩んできました。

常に新たな技術を学び、日本国内だけでなく国際的開発にも携わります。
常に新たな技術を学び、日本国内だけでなく国際的開発にも携わります。

創業以来、一貫して発電所・変電所関係の電気設備工事に注力しているため、特殊な電気工事業者として業界の中で位置づけられいます。電気設備工事分野に特化しているからこそできる開発に携わる意義を認識しながら、自らの仕事に誇りと意欲を燃やす技術者集団です。

札幌本社エントランス。
札幌本社エントランス。
札幌本社内の事務所の様子。
札幌本社内の事務所の様子。

■代表挨拶

当社は、 株式会社東芝の工事部門である東芝プラントシステム株式会社の基幹協力業者 であります。更に、 北海道電力株式会社の指名業者 として、各種超高圧重電機器の据付をはじめ、技術の先端を担う自動制御関係の工事等に携わっております。顧客の信望を集め、道内はもとより全国各地に施工範囲を広め、その技術も飛躍的に向上させつつ電気事業に大きく貢献しております。

代表の畳です。今後も安定経営に尽力致します。
代表の畳です。今後も安定経営に尽力致します。

ご存知の通り、近来電力エネルギーはは多様化に向かっており、水力は勿論、火力も石油依存からLPG・LNG、そして石炭火力の復活、更に地熱・風力の利用と広く活用されております。当社は、昭和42年(1967年)から東京電力株式会社(現:東京電力ホールディングス㈱)の福島第一原子力発電所の建設に従事し、技術開発に一層の磨きをかけてまいりました。

このように積み重ねてきた経験と実績を基盤に、時代に対応する高度な技術を更に培っていくことで、安定企業として未来に向かって大きく飛躍するべく努力してまいります。

原子力関係工事の実績多数。
原子力関係工事の実績多数。
水力・火力・地熱発電工事の実績も多数。
水力・火力・地熱発電工事の実績も多数。

■求める人材

チームに溶け込むことができる方を求めています。技術経験や資格については学ぶ環境が整っていますので心配はいりません。 応募前の職場見学(2週間程度) も実施していますので、ぜひ当社での働き方をイメージしていただくためにも一度お越しください。常時受け付け中です!

■実績主義

当社の人事評価は、本人の努力とやる気を重要視した基準を設定し、それらの評価が昇給昇格に反映されるシステムを採用しています。やったことが正当に評価されるので、社員全員のモチベーションを高めています。年2回の賞与のほか、会社の業績に応じて期末賞与が支給されることもあります。

■福利厚生の充実

工事は全国各地区で長期間に及ぶ場合がありますが、長期にわたる出張については会社負担で宿舎と食事を全額補助しており、設備も充実しています。このような出張時には、年末年始、5月の連休及びお盆時の帰宅旅費を全額支給するなど、社員の福利厚生の充実を図っています。

社内研修や勉強会も随時行っています。
社内研修や勉強会も随時行っています。

■資格取得を支援

当社では、対象とされている資格の取得に要する費用(受講料、受験料等)を会社負担とするとともに、晴れて資格取得した暁には報奨金を支給しています。全国への派遣等で培われる現場経験はもとより、資格取得によるキャリアアップをめざしたい方には好評です。

互いに切磋琢磨しながら技術を習得しています。
互いに切磋琢磨しながら技術を習得しています。
いきなり応募は不安という方には職場見学も随時受付中!
いきなり応募は不安という方には職場見学も随時受付中!

●報奨金支援対象資格例

電気工事士(1・2種)、 電気施工管理技術者(1・2級)、電気主任技術者(1・2・3種)、危険物取扱者(甲・乙)、衛生管理者(1・2種)、JIS溶接技術者(ティグ・アーク)、その他会社が認めた資格。

平成28年に建設業許可票を更新。
平成28年に建設業許可票を更新。
組合に加盟し活動しております。
組合に加盟し活動しております。

■社内の様子フォトアルバム

役員・社員で参拝をした時の様子。
役員・社員で参拝をした時の様子。
たまに社内で飲み会を実施。
たまに社内で飲み会を実施。

2次会でさらに盛り上がることも。
2次会でさらに盛り上がることも。

■当社の強み

①収入についての強み

  • 月給制による安定した収入→日給月給制に比べて安定しています。
  • 年齢給による48歳までの毎年確実な昇給→保持資格や能力に応じて職能給がプラスされます。
  • 出張手当の充実→最大2,000円/日の特殊日当or日当の支給(ただし朝晩食事つきの宿舎が主となり、特殊日当は減額)。
  • 資格取得による報奨金制度あり→講習会などの参加費用も会社負担。
  • 年2~3回の賞与→経営状況によって振れ幅あり。2019年度は平均5か月分支給しました。
  • ほぼ確実な年3回の大型連休帰宅費用もほぼ全額会社負担→年末年始・GW・お盆休暇に対応。交通費は本社まで全額支給。

②休暇についての強み

  • ほぼ確実な年3回の大型連休あり(現場状況により左右はされます)
  • 扶養義務有り長期出張者は2か月に一度、独身長期出張者は4か月に一度の2泊3日の帰宅休暇あり→有給休暇とは別に支給されるので、現場状況にもよりますが、有給休暇を前後使用し、一週間程度帰宅可能。
  • 有給取得の取りやすさ→現場優先にはなりますが、有給休暇は自己都合で取得OKです。
  • 残業が少ない→現場によって様々ですが、平均20時間/月程度の残業です。

※帰省休暇と帰宅休暇の際の交通費はほぼ全額会社負担!早朝出勤で残業も少なく、平日でも自分の時間を取りやすいのが魅力です!

③仕事内容についての強み

  • 道内・道外の変電所工事もあるが、原子力発電所工事が売り上げのメイン→特殊技術であり、全国的にも貴重な技術を習得できる。
  • 作業者・安全靴・最低工具の支給→初期装備にかかる費用負担はありません。
  • 電線管加工や溶接など、建設業ならではの特殊技術を習得できる→資格取得には会社が全力でサポートします。
  • 現場が進んでいく様子を目の前で感じられ、やりがいにつながります→現場作業は楽しく、自分にできることが徐々に増えていくのは嬉しいです。
  • 現場作業だけでなく、PCを使用した書類作成もある→仕事でPC技術を向上し、私生活のPC操作にも役立ちます。
  • スピードよりも安全第一で→当社社員に今まで重大災害無し。
  • 設計業務もおこなっており設計施工にも対応している→設計業務の希望者でも現場経験を数年積んでからの配属が可能です。

④その他の強み

  • ざっくばらんで身近な本社フロント陣→自分の希望や要望が伝えやすく、不満や悩み事を相談しやすいです。
  • 入社1年目の住居確保→札幌勤務時は家賃光熱費含み3,000円/月で独身寮を提供。
  • 1970年から続く社内広報誌→顔は見れずともつながる社員の絆あり。
  • インフルエンザ予防接種あり→本人分(1回/年)会社負担で受けれます。
  • 各地域に地元雇用者及び長期滞在者の同僚がいる→各地域特有の有意義な情報を教えてもらうことができます。
  • 福島第一原発以外の原子力発電所内作業における被ばく量の少なさ→現状、高線量内作業がほぼ無いため、原子力発電所内工事会社にしては被ばく量は少ないです。

※昨今の新型コロナウィルスによる状況下でも仕事が途切れることなく、経営も安定している。

■当社の仕事先

●原子力関連

北海道電力・・・泊原発

日本原燃・・・・六ケ所再処理工場

東北電力・・・・女川原発

東京電力・・・・福島第一原発 福島第二原発 柏崎刈羽原発

中部電力・・・・浜岡原発

上記7ヵ所で新基準対策工事の内、電気設備工事を行っています。北海道は北海道パワーエンジニ アリング様、道外は東芝プラントシステム様から受注しています。



【原子力発電所内作業について】

原子力と聞くと、当然被ばくを心配されると思います。しかし、実際に原子力発電所内で作業している我々は無事です。確かに、福島第一原発での作業は高線量エリアでの作業があり被ばく量も一般の生活より多いです。その分、被ばく量の管理徹底を行い、科学的に承認されている「人体に被害のない被ばく量」を遵守しています。

他の原子力発電所については、完成している防護壁があり、基本的に管理区域よりも外の非管理区域で一般の日常生活と変わらない被ばく量で作業しています。管理区域内の作業もありますが、内部ですら高線量エリアは殆ど存在しません。APD(警報付き個人線量計)と防護服を着用し、徹底した管理のもと作業しています。

※被ばくによる体調不良や病気の心配はありません。

●発電所関連

日本の発電方法としては原子力以外には火力発電・水力発電・地熱発電があり、 他には風力発電・太陽光発電・バイオマス発電が主流となっています。

当社では各発電所新設工事の内、変電設備やIPB(アルミ製電路)等の電気設備工事を主として受注しており、客先や製品メーカーも多岐に渡ります。 発電所の新設自体が少ない現状においては業界内で経験を持った技術者が少なく、全国的にも非常に貴重な人材がいる会社として評価いただいております。

●変電所関連

2010年時点で基幹連係系統外の変電設備を含めると全国(電力会社計10社)に変電所は6,686 箇所あります。その内、北海道は371箇所 、東北は 615箇所あり、当社は主に北海道と東北の変電設備工事を受注しております。

変電所は絶縁方法で気中絶縁形変電所・GIS変電所・ハイブリッドGIS変電所と形態分類されています。客先は多岐に渡り、気中絶縁形と東芝製品GIS・変圧器工事を主として各種設備の新設・増設・リプレース・点検等の工事を行っています。

●公共工事関連

当社には電気工事士や電気施工管理技士等の国家資格所有者が在籍してお り、北海道内の公共工事入札参加資格は中央官庁(一部除く)と市町村共に 殆どが最上位である「Aランク」として許可されており、元請会社としても 施工可能です。過去には公共工事を元請会社として受注、完遂いたしました。しかし、昨今の人材不足により継続的な客先工事を優先し、近年は公共工事から遠ざかっています。客先が公共工事を受注した場合には当社にも工事依頼が届き、出来る限り対応をしています。

当社元請工事の様子
当社元請工事の様子

→公式ホームページはこちら!

企業情報

会社名 北札幌電設株式会社
役職者 代表取締役社長 畳 友祐
事業所住所 札幌 本社:〒065-0023 札幌市東区北23条東1丁目12-7
東京営業所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-51-12 ライオンズ・フジ205
資材 倉庫:〒007-0836 札幌市東区北36条東5丁目2-18
設立年月 昭和36年8月16日
資本金 2,800万円
従業員数 技術系:61名
事務系: 8名
 合計:69名(令和2年年4月1日現在)
事業内容 1、原子力、火力、水力発電設備電気工事
2、変電設備、電動力応用設備電気工事
3、産業電気設備、一般電気設備工事
4、電気通信工事
5、上記電気工事付帯土木工事
取引銀行 三菱UFJ銀行札幌中央支店
北海道銀行北二十四条支店
北洋銀行北二十四条支店
加盟団体 日本電設工業協会
全日本電気工事業組合連合会
北海道電気工事業工業組合
札幌電気工事業協同組合
建設業労働災害防止協会北海道支部
札幌商工会議所
北海道電業協会
札幌北法人会
会社基本方針 1、技術の向上
会社が要求する技術をより高度に提供する。
2、企業の発展
活発に業績の進展に努め、企業基盤の安定を図る。
3、生活の向上
創意工夫と改善意欲により、生産性を高め文化的な生活の向上を図る。
社訓 一、奉仕の心
私たちは仕事を通じて、社会の発展に奉仕できることを誇りにしよう。
一、感謝の心
私たちは常にお客様には、真心と技術で応えよう。
一、協調の心
私たちはお互いに人格を認め、信頼と理解を深めて明るい職場を築こう。
一、努力の心
私たちは理想の会社を作るため、不断の努力と不屈の根性で当たろう。
一、幸福の心
私たちは安全で健康な職場と豊かな生活に限りなく励もう。
連絡先 電話:011-731-4211(札幌本社)
※コロナウイルス感染症対策として入り口に消毒液の設置を行っております。

求人一覧

全5件中 1-5件目

  1. 1